闇金の生態に迫る!闇金に立ち向かう為に出来ることとは

人が生き続け社会がこの世にあり続ける限り、お金のトラブルが消えることはないでしょう。
物に溢れた時代でも金銭欲はその限界を知らず、借金に溺れる者はとことん落ちぶれて、そういう人間をターゲットに骨の髄まで財産を奪いとってしまおうとする闇金業者の巧妙な手口は、常に進化をつづけています。

急な出費でやむを得ずほんの少しだけ、借りる。

その油断に付け込まれると自分ひとりでは手に負えない事態に巻き込まれてしまうかもしれません。
しかし、世の中暗いニュースだけではないことも事実です。闇金の生態を知り尽くした法律の専門家、弁護士事務所が名乗りを上げました。

闇金に強い弁護士の無料相談

まるで正義の味方という印象ですが、弁護士も商売ですから、闇金の違法なやり口が利益に繋がると見たわけです。闇金の代表的な手口は法外な高利貸しです。法律に違反しているのですから然るべき機関に訴えれば良いだけのようにも思えますが、闇金業者は債務者の弱みを静かに調査し、明るみに出るとすべてを失ってしまうような情報を握って近づきます。まさに情報と言う名の人質を取られているようなものです。
しかし、この手口は規制や取り締まりが厳しくなった結果、減少傾向にあります。次に編み出された手口は、返済金を受け取らずに期日を伸ばして金利を上乗せするという手段です。返済の連絡をいくら入れても連絡がつきません。

あれやこれやと理由をつけて、会ってもくれないのです。それでも日数だけは経っていきますので契約通りの金利が発生してしまいます。これが闇金の生態です。支払えないと言ったときの仕打ちは、裏につく組織が動くケースも珍しくありません。

これらの闇金業者に立ち向かうためには、弁護士事務所が名乗りをあげたように、自分でも法律を勉強し、違法の証拠を掴むことに貪欲になることです。今はスマートフォンの普及によって、動画も撮れますし、音声も簡単に録音ができます。何を掴まれたら業者が好き勝手に動けないのか、それを把握しておくことが大きな被害を防ぐ第一歩と言えるでしょう。